« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

バースト

SA乗ってますか?

Imgp1727


最近黒豆で、通勤しているが、どうもおかしい。

お客さんからも高速でハンドルに振動が出ると言っていた。

確かに、バウンドする感じがする。

Imgp1723


見つけた。

まだ半年しか履いていないECOSがトゥルトゥル。

ワイヤーが出て切れる寸前でした。

 YOKOHAMと協議の結果、外も減っているので、エアが抜けたまま高速を走るとこうなるらしい。

ま、十分思い当たるが、それにしても半年程度で、ワイヤーが出て、新品交換とはね。

しかし、危ないとこでした。

Imgp1726


MK1に歪みも考えたが、NEWタイヤを入れて、バランスは、ほぼゼロでした。

ブランニューで、安心して帰れます。

Imgp1717


SA22C用、社外品のOILクーラー。

お客さんの持ち込みで、初めて見ました。

ノーマルより少し長い。

Imgp1719

取り付けステーが無く、ホースジョイントの首が短い。

最大の特徴は、仕切り板は有ったが、完全に部屋になっていない。

これだと、圧力が逃げるのと、端までOILが届かない可能性がある。

漏れの為に交換しようと思いましたが、怖いので、調査が先になりました。

Imgp1715


取りあえず、OILクーラーを貸し出して、元気に帰ってもらった。

後で、じっくり調べる。

|

2018年6月27日 (水)

想定外の土

SA乗ってますか?

Imgp1709

まるで田んぼのような室内。

匂いも田んぼ。

農家の軽トラ替わりだったのか?

でも雪国の錆錆よりは、ずっとまし。

フロアもベルトもすべて入れ替え。

丸ごと洗うしかない。

Imgp1712


やっと綺麗になった。

Imgp1713


どうやら、ハーネス以外は、すべて交換になる。

ENGだけの予定が、とんでもない事に。

Imgp1714


天井も交換。

インパネも微妙に色が違う。

外にお店が広がってしまい、大変な事に。

1年前からやらなきゃいけなかったので、仕方ない。

皆の為に、色違いも、手は抜けない。

|

2018年6月26日 (火)

ボディースワップ

SA乗ってますか?

Imgp1701


ENG、MTを切り離し。

Imgp1703


いよいよ、腐ったボディーは、さようなら。

Imgp1708


新しくて、もっと古いボディーが到着。

爺ちゃんが、農家で使っていたらしく、中は、田んぼの土で一杯。

15万キロだけど、ボディーは、錆も無く上等。

これで、みんな紺色になってしまった。

同じ色になったので、ある意味全部、部品取り。

|

2018年6月25日 (月)

ACキャロちゃん。

SA乗ってますか?

Imgp1692


ENG、MTを降ろして、ボディーを捨てる。

Imgp1695


ENGマウントのところのボディーが、腐っている。

距離は出ていないが、雪国のクルマだったので、錆だらけ。

今回載せ替えないと、ENGが落ちる。

軽は、鉄板が薄いので、すぐにこうなるが、SAであっても、塩カルには敵わない。

雪国のクルマは、絶対に手を出してはならない。

黒豆の初代も新潟で、ボディーに穴が開き、シートベルトがボディーごと抜けてしまった。

仕方なく、ボディーを載せ替えて、現在の形になっている。

Imgp1700


これから、NEWボディーを引き上げてくる。

|

2018年6月24日 (日)

KIZAMIマフラー

SA乗ってますか?

最近、部品は無いかとのお問い合わせが増えています。

JACKPOTでは、KIZAMI製品以外の、部品は、販売しませんよ。

全てJACKPOTのお客様のモノです。

先日有った問い合わせでは、売る為に適当に治したいので、KIZAMI部品が欲しいとの事。

KIZAMIは、販売対象ですが、そういう内容の場合、販売をお断りします。

SAを売る為の部品ではありません。

いつまでも乗る為の、KIZAMIであり、PLAYです。

知り合いのREやったことある、程度の人に頼んでください。

Imgp1551


スーパーサイレントマフラーを装着して、WEBERの音がやけに響くようになった。

廃ガスの匂いも、改善されていた。

ノーマルマフラーより、若干低音が増した感じになる。

Imgp1666


脱着も、シールやガスケットが無い為、簡単。

音量のデカい、レース用も用意できるので、シーンに応じて交換も簡単。

フランジが無いので、ボルトが焼けて取れない、なんて事にはならない。

唯一の、貸出キャロが帰って来たので、急いで、ボディー交換をする。

まずは、ENG、MT、必要パーツを取り外してボディーを捨てる。

ちょっと忙しい。

|

2018年6月23日 (土)

SA ファン

SA乗ってますか?

Imgp1690


皆さんは、FANは大丈夫ですか?

アクセルを煽った時にFANの回転が上がれば大丈夫。

煽っても、クラッチが繋がらなければ、終了です。

中々強力なノーマルファンですが、ショボイELファンに交換しなければならない。

市販の電動FANは、いろいろありますが、なるべく大きい物を使いたい。

しかし、ラジエターに直接取り付けるには、直径の限界が低いし、じか付だとコア全体を冷やさない。

そこで、KIZAMIでは、ノーマルのシュラウド自体に取り付けることにしました。

Imgp1689


これで、冷やす範囲は変わらない。

しかし、ノーマルの8枚羽は、ロック時の威力は超強力で、市販のFANでは追いつかない。

ELFANは、電気が回転を制御するので、目一杯の電気をくれてやる配線加工と、大きなリレーが必要。

それと、ノーマルの様なトルネードは起こらず、真っ直ぐにしか風が出ない。

マフラーキャブインマニに届かず、ひたすら、Fカバーに風を送る。

したがって、キャブ側に回り込むような、エアロが必要。

それは、走行時では無く、あくまでも停車時の事。

なので、キャブの後ろ側のボンネットか、バルクヘッドに風の抜き穴を作れば風がそこの向っていき、風の通り道にキャブが有ると言う事になる。

ELFANを着けて安心したり、ノーマルより性能が良くなったと思っている輩は、ただのバカ丸出しでした。

|

2018年6月22日 (金)

スーパーサイレントマフラー

SA乗ってますか?

Imgp1669


今日は、JACKPOTスパーサイレントマフラーご紹介。

形状は、SAノーマルと同じ。

Imgp1668

オール、ステンレス304.

タイコの部分が、ノーマルよりも太い。

ノーマルと同じ、中で、ターンして、バッフル板を使う複雑な構造。

ENGにもよるが、13Bブリッジでも、100デシベルはいかない。

10000回転越えても、抜けて、パワーダウンは無い。

重さは、ただのストレートのうるさいだけのマフラーよりは、重いが、ノーマルの半分ほど。

Imgp1667


陸運局でも音量を計られたことは無い。

すぐに抜けてしまうファイバーの消音材も使っていない。

まさに大人の為のスーパーマフラー。

ノーマルのパイプにも、少しの加工で接続できるので、腐って穴の開いた修理不能のタイコの交換も出来ます。

サーマルリアクター車にも、装着できます。

速くて静かな夢の様なマフラー。

8年テストしてきた、JACKPOTのお客様専用を、一般販売します。

|

2018年6月20日 (水)

SA22C フルエキ

SA乗ってますか?

ニーナが帰って来た。

このズングリとした、強そうな感じがタマラナイ。

これからの、ベースとしては、最高の素材。

Imgp1679_2


真っ直ぐに走らず、すぐに入院してしまったが、足を交換して戻って来た。

Imgp1677


少しメンテナンスをして、ガッツリ働いて貰う。

サニトラから始まった、トラックですが、やっぱり有ると落ち着く。

JACKYさんは、働くクルマが、大好き。

Imgp1675


JACKPOTオリジナルのマフラーを着ける。

まづは、このタコ足フランジ。

SAターボをキャブ化した時、インタメの出っ張りを避ける設計。

これで、部品の無いターボも、キャブ化できる。

Imgp1671


このマフラーは、フランジを使わない為、地上高が稼げるし、すぐに抜けてしまう、ガスケットを使わない。

クランプを使わないといけないような、テキトウなモノとは違い、このまま排気漏れはしない。

材料も、安いが錆びてしまう、430のマフラーでは無く、304サス。

Imgp1674


腹下の出っ張りは、最小限。

Imgp1672


一番低くなってしまう部分には、ツナギを使っていない。

ノーマルマフラーと同じ位置でジョイント。

Imgp1683


実にスマートな、マフラー。

13B用フルエグゾースト、触媒アダプターも用意しました。

安くてうるさければいい,SAをバカにした輩には、全く縁が無い。

自分が病気になった時、安い中古の薬ください、とはならないと思う。

この辺で、JACKPOTのPLAYにおける、お客様を分けている。

質に拘り、JACKPOTにしか作れないモノを、これから提供していきます。


|

2018年6月19日 (火)

HPが、で、出そう。

SA乗ってますか?

だいぶJACKPOTホームページが出来上がって来ました。

今まで、うちのお客さんだけのパーツでしたが、20年ぶりに販売を始めて行きます。

KIZAMIは、クオリティーと、材質に拘ったパーツばかり。

他と比較できるものは、有りません。

パワータンクは、絶対のパーツですが、SA専用リア車高調は、何処にも扱いは有りません。

スーパーサイレントマフラーは、とても静かで、車検対応、そしてペリにも対応。

尚且つ、ノーマルマフラーの交換部品としても対応しているJACKPOTならではのスーパーマフラーです。

KIZAMIブランドは、一生乗り続けたいSA乗りの為だけの商品です。

SAを一度乗ってみたいとか、たまたま買ったようなオーナーは、値段を見て、シッポ捲いて帰ってください。

長く乗らなければ、元を取れない感じのモノばかり。

PLAYもそうでしたが、パーツも、気合の無い人には、一生縁が無いのが、JACKPOTです。

これからも、どうぞヨロシクは、しなくてもいいです。

JACKYさんの悪口でも言って、自分のヘタレ具合を 振り撒いてちょうだい。

JACKYさんは、相変わらず良い人ではないので、ノープロブレム。

Imgp1591

洗い油から、次の工程。
茂吉って鋳物の地金を出す。

とは言っても、削る訳じゃない。

Imgp1593


水路は、奥まで錆をやっつける。

メクラ蓋の裏は錆びて穴が開くので、完璧にする。

入れ替えればいいんでしょうが、取ると、錆で、サイズが変わっている。

だから、入れ替えた方が漏れる。

Imgp1594

フロントカバーは、ダイキャストなので、目立っている。
Imgp1595

ハウジング完了。

サンドブラストと違い、面を傷つけないので、長期間錆が出にくい。

この4パーツで、錆によるが、8時間ほどかかる。

ポートを削って、面研に掛かる。

この4工程で、JACKPOTのENGになる。


|

2018年6月18日 (月)

出張おろし

SA乗ってますか?

Imgp1615


出張でENG、MTを降ろす。

Imgp1614


ENGルームの色替えの為、MTに色が飛んでは困るので。

Imgp1616


鈑金屋に道具が揃っていなかったので、降ろすのにかなり時間が掛かってしまった。

やはり、適切な道具が無ければ、大体の仕事になるのは仕方ない。

揃っていないので、工夫が多いのが、鈑金に携わる人間のあるある。

Imgp1607


これは、REのヒーターホースのジョイントパイプ。

これは、かなり程度のイイものです。

Imgp1610


茂吉ってここまでが精一杯ですが、ほとんどのREは、ボロボロに穴だらけ。

そこで、KIZAMIでは。

Imgp1618


ステンレスで、削りだし。

Imgp1620


どうにもならない部品の一つ。

これで、一つ解決。

|

2018年6月16日 (土)

キッタネーMT

SA乗ってますか?

Imgp1585


53MTをバラス。

Imgp1587


OIL漏れが、3mmほど積層されている。

この顔を出しているB/Gが製廃。

Imgp1601


今のところ大きな問題は、無い。

しいて言えば、最初にMAZDAが組んだ段階で、シール剤が多すぎて、ギアやシャフトにベッタリ。

この頃は、いい加減な組み方をしている。

あまりにも汚くて触れないので、先に茂吉ってしまう。

Imgp1600
同じものとは思えない。

これで触れるようになった。

シンクロがかなり遅いので、しばらくは、この状態。

明日は、出張修理のため、お休みになります。

|

2018年6月15日 (金)

移動au

SA乗ってますか?

Imgp1588


車体は、総剥離になったので、板金工場へ入庫。

移動中に、ローダーのフロントタイヤの内側のラジアルが切れて、タイヤが三角になった。

まるで罰ゲームの様な走行になった。

スペアーに変えようと見たら、ブロックが三角に抉れている。

仕方ないので、リアの外側をFへ。

タイヤが見れない奴は、車屋、クルマのクを語る資格も無い。

クソなので、自転車からやり直し。

うちも、だらしが無くて、2度と車を貸してやらない奴が増えて来た。

全く情けない。

Imgp1571


まるで、泥団子のようなFカバー。

まづは洗う。

Imgp1572


洗い油では、このくらいが精いっぱい。

Imgp1574


ハウジングも、黒から茶へ。

Imgp1575


ローターも、一通り洗って、測定していく。

53年のポートは、RX3同様に小さいので、55年のSAと同じサイズに削る。

燃は、FDとタイミング以外は同じ大きさ。

茂吉ってから、削って面研する。

次は、MT。

|

2018年6月13日 (水)

バラス

SA乗ってますか?

Imgp1522

バラシまーす。

Imgp1523


シール類は、痩せていてガタガタ。

EXのピンは焼き付いている。

ローターに問題は無い。

Imgp1525


まあまあ、こんなもんです。

Imgp1524


特に問題なくバラバラ。

が、残念だけど予想通り。

Imgp1529

ローターハウジングは、FR共に使えない。

アペックスのピースも丸くなっていた。

基本、これでこのENGは、お釈迦って事。

基準値内のローターハウジンが必要になる。

10万キロ前後で開けていれば、こうはならなかった。

距離乗って調子こいてる輩は、乗り潰すつもりでいてください。

ここまで。

|

2018年6月12日 (火)

脱脱

SA乗ってますか?

Imgp1518


マニーのENGを降ろす。

MTと離れた瞬間に隙間から大量のOIL。

リアシールがダダ漏れ。

Imgp1521


早速インマニを外す。

もう、OIL、水、錆がぐっちゃぐちゃ。

でも、10万キロ越えは大体こんなもの。

これでも調子悪くはならないが、OH時は、ENGは、捨てる。

マニーも動いていた。

しかし、ノーマルENG、ノーマルキャブなのに、前オーナーが掛けるのにコツがいると言っていたらしい。

そんなのある訳ないだろ。

それは、壊れてるんだよ。

個人売買でも、中古屋並みの嘘を、真顔で言うようになってきた。

12Aは、10万越えてまだ大丈夫は、相当管理が良くない限り、あり得ないと覚えましょう。

Imgp1531


一緒にMTも降ろしてしまう。

ここまで。

|

2018年6月11日 (月)

ENG脱

SA乗ってますか?

蒸し暑い中、25年使った扇風機を冬に捨てたのを思い出した。

Imgp1561


そこでお急ぎで、アマゾンでポチット。

せっかくなので、45-50へバージョンアップ。

すぐにニューフェースがやって来た。

とりあえず涼しくなったと思ったら、天気の方が涼しくなっていた。

Imgp1570


OILをモチュールに変更したため、OILタンクが新しくなった。

今後は、20-50の鉱物で行きます。

Imgp1470


SAのENGを降ろす。

SAと言っても、どれもSAなので、名前を付ける。

島根県の方なので、マニーにします。

Imgp1477


このパテ修理のサーマルを、切り落とさないとマフラーが分離しない。

全てのナットが、工具が効かない。

Imgp1513

通常ENGを降ろす時は、キャブを外さないが、EXマニの、遮熱板が外れないので、キャブを外して切断。

この状態じゃないと、カバーがギアボックスに当たって出て来ない。

Imgp1515


マフラーは細切れにして、ようやく、降りそう。

と、ここまで。

|

2018年6月10日 (日)

JACKYです

たいへんご無沙汰でした。

まだまだ、HPは工事中ですが、また、2.3人のヤローの為にBOOROCK再開。

キャロが不評みたいなので、やはりSAをじっくり行きますか。

Imgp1557


今回、JACKPOTブランニューステッカーが出来ました。

JACKPOTらしく、ダイスを追加。

超幸運なステッカー。

任意保険は、いらないかも。

Imgp1554


フロントラムエアーダクトには、KIZAMI。

今後JACKPOTは、KIZAMIブランドの部品販売を、中心に営業していきます。

今まで、当社お客様の為のKIZAMIパーツでしたが、MAZDAの部品不足のため、PLAYは縮小します。

PLAYについては、一部の限られた方々のみに限らせてもらいます。

もちろん、SAへの情熱がある方は、いつでも大歓迎です。

インジェクションを除くは、当然ですが。

Imgp1538


さてと、始めますか。

この53年式LTDのレストアレーションをお届けします。

ノンレスの15万以上走行。

ドノーマルのサーマル。

内装はかなり綺麗だが、ショックは、抜けて船みたい。

マフラーは、パテ修理で、ENGは、GAS臭いOILがしたたり落ちる。

キャブは開かない。

そして、セルは、ロックしてしまった。

ボディーは錆と色褪せ、ついでに缶スプレー補修。

ルーフは、何か乗せたか、ボッコボコに凹んでいる。

コイツを、完全な状態に仕上げます。

まずは、部品の注文を入れたが、カウンターウエイトが、9月末と言うのが出て来た。

この時点で、10月までENGが組めそうもない。

6月時点で、10月の話とはね、SAオーナーは、あまり勘違いしないでほしいもんですね。

そういう車です。

MTのベアリングも製廃が、また二つ増えました。

ま、JACKPOTも、今後は、気合の入っていない、勘違いヤローのクルマの面倒は、見ない事にしました。

もたもたしてる輩は、無理なんです。

お客さんでも、ENGやって,MTやらない中途半端な奴の面倒は、もう見ません。

YAHOOで中古でも探して、四苦八苦してください。

実際に診れないってのが、本音。

部品が無いので、仕方ない。

ってなわけで、この車も、のんびりって事ですね。

ぼちぼちと、2.3人の為に,BOOROCKを進めます。

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »