« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月25日 (日)

仕上げ

SA乗ってますか?

だいぶ涼しくなりました。

顔が寒くて、事務所に居れない。

Rimg0335


かち上げマフラーの完成。

Rimg0336


一応何となく耐熱布を巻いてみた。

110ではバランスが悪いので、遮熱板で太らせた。

Rimg0338


なかなか大人なイメージで仕上がった。

Rimg0339


終了してみると、作り始めの感動は無くなっている。

出来ると飽きる、JACKYの悪い癖。

|

2018年11月23日 (金)

GMCシエラ マフラー

SA乗ってますか?

1年お目に掛からず、不動になってしまったカルマン。

Rimg0310


砂利の上で、雨ざらし。

エアーも抜けていて、押すのも大変だった。

何とか引き上げて来たので、まずは、ワックスをかけてあげた。

チョット嬉しそうな感じ。

Rimg0274


穴だらけのトラックマフラー。

繋ぎ合わせで、酷い状態。

Rimg0273


ギブソンと言うマフラーみたいだが、アメ公のやる事は、こんなもの。

さて、マフラーを作ると決めたが、そこらへんの小僧と一緒では、いい年こいて情けない。

そこで、誰もやらない、これじゃないと出来ないマフラーにします。

誰でも思いつくサイド出しなんてのも、クソ。

Rimg0288

出す位置は、コイツの特徴のフレアサイドのステップ。

大きく開ける。

Rimg0278


腹下で、蛇の様にネジって行く。

Rimg0277


ステップにこんにちは。

揺れを防ぐパイプを使う。

木とガムテープで固定して位置を合わせる。

一人で作るには、こんな悲しい事をしないといけない。

ま、バカに手伝ってもらって、曲がってしまうよりマシ。

Rimg0286


コンボイの様になった。

ENGを掛けてみるが、キャタ付なので、静かなまま。

これは、JACKYのキャブターボ時代の76パイのパイプ。

Rimg0287


これで止めたら、フレアサイドにしかできない感じとしては、迫力に欠ける。

Rimg0292


タイコをステーで、荷台に固定。

バッチリ、ならではのマフラーになった。

Rimg0300


音もいい感じになり、水没にも対応する。

Rimg0293


後ろから見た感じも素晴らしい。

車検にも問題ない。

ここまで、構想、製作2日。

Rimg0301

マフラーなんて誰にでも作れるが、猿まね、カッパライじゃない発想は、そう簡単には出来ない。

発想のマズシイ、パクちゃんは、子供相手の猿山のBOSSがお似合い。

とはいうものの、パクられてばかりで、アホなJACKYでした。

またいつか時間が有ったら仕上げてみます。


|

2018年11月14日 (水)

リトラクタ

SA乗ってますか?

Imgp2494


カメラがついに壊れて、また同じのを買った。

でもいつの間にか、PENTAXからリコーに変わっていた。

全く同じなので、メーカーは、どうでもいい。

Imgp2449


右リトラクターが上がらなくなった。

Imgp2448


当然だが、部品なんてない。

Imgp2447


どうも、リンクが割れたことで、リレーが焼けたようだ。

リレーはデンソーで探すしかない。

何とか見つかったので、モーターを掃除して、交換。

リンクも交換して、治せた。

Imgp2465


エーモンのFANリレーも壊れてしまっていたので、大容量のモノに交換。

片目が上がらないと、運転できないし治って良かった。

部品は、どんどん無くなるので、大変な車になりました。

|

2018年11月12日 (月)

GAS漏れ

SA乗ってますか?

Imgp2450


GAS漏れSA。

それも半端ではない量。

Imgp2452


下から見る限りは、何もない。

Imgp2455


降ろすと、垂れた跡がある。

Imgp2456


漏れによってゴミが蓄積。

Imgp2459


センサーが、見えないほどに、掘り起こす。

Imgp2460


センサーからと、リターンパイプから出ている様子。

Imgp2475


ホースは、すでにゴムではない。

数か所亀裂が貫通。

Imgp2478


部品は当然製廃なので、市販のホースを曲げて作成。

ついでに、豆知識を授けます。

SAの左リアフェンダの後ろが何故腐るのか。

何処から水が溜まるのか。

Imgp2482


リアが跳ね上げた水が、ここから入ります。

入らないようにするのが、ホースについているパッキンですが、先にボディーに止める事が出来ないので、大体ハマっていない。

フレーム構造上の、問題。

対策は外して上手くシールする、ですが、メクラを外せば、水が出る可能性がある。

Imgp2480


このメクラを外しておけば、底から2cm上の水は出る。

この部分はメインフレームなので、治せなくなる。

それでは、何故右はならないのか。

それはマフラーがあり、加熱されているから。

右もなるSAは、走行していない。

|

2018年11月 7日 (水)

SA22C11000rpmタコメーター

SA乗ってますか?

11/1に家族が倒れて入院したので、PLAYに集中できない。

ICUを出るまで、病院と会社の往復で、こっちの方がまいる。

こういう時に限っての、例のパターンは、例外なく訪れる。

昨日も、出張修理で半日潰れる。

ま、そんなもんだね。

BOOROCKもお休みがち。

Imgp2444


これは、タコメータの針とモータ。

先日外したゴミ。

Imgp2445


コイツを作り変えると。

Imgp2440


11000rpmのメーターが出来上がる。

このメーターは、簡単そうで、結構な手間。

だから、メーター本体で、販売なんかできない。

特に後期は、きばんのつくりなおしもあるので難しい。

でも、見やすさは、当然抜群。

社外のタコでは、視界が悪く上手く乗れない。

|

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »